知られざるロゴの必要性

会社を起こすときにぜひ考えたいのがロゴです。

ロゴとは、企業や商品、創業者の思いをデザイン化したマークのこと。

「ロゴマーク」、「デザインロゴ」とも呼ばれています。

ロゴなんてあってもなくてもどっちでも良いもの…なんて思う人も多いようですが、実はそんなことはありません。

ロゴの必要性は皆さんが想像する以上に大きいもの。

なぜなら、人は物事を視覚的に判断します。

つまり、パッと見たことが印象に残り、その印象がずっと頭の中に残るというわけなんです。

ということは、顧客の皆さんにあなたの会社をしっかりと印象づけることができるし、顧客以外のまったく関わりのない人たちにも視覚的にアピールすることができます。

そうなると、将来的な顧客幅を一気に広げることが可能。

実際に、ロゴを作ったことで急激に認知度がアップし、売上も大幅に上がったという会社もたくさんあります。

オシャレなロゴを作ることができれば、そのデザインに興味を持つ人もできるため、まったく自社ブランド商品を展開していなかった会社でも商品開発や販売に着手することができるようになり、そのブランド商品を持った人がさらなる広告塔となって会社をアピールしてくれる可能性も期待できます。

何気ないデザイン、と思っていたロゴも、採用することでの可能性は驚くほどたくさん持っています。

ロゴは会社名と同じぐらい重要と言われます。

会社を起こすなら、あなたもロゴ制作を考えてみませんか?

◇参考サイト:ロゴマーク作成のBiz-Up